第29代幕僚長・田母神さんの講演

公明党が、

なぜ国土交通大臣をやりたがるのか!?

 

航空自衛隊・第29代幕僚長の田母神俊雄さんの講演です。

「公明党」と「中国」について説明しています。20分です。

良ければ、ご覧ください。

お時間の無い方は「続きを読む」をご覧ください。

 ↓

 

 

みんな公明党を恐れていますが、

何故でしょう?

 

それは、

公明党と戦うと、

嫌がらせをされるからです。

玄関にウンコを投げられるからです!

 

このまま公明党が連立のままだと、

日本は駄目になる。

 

 

安倍総理は頑張って「日本を取り戻そう」としているが、

まだ取り戻せていない。

 

 

それは公明党が、

自民党に蛇のように絡みついて、

がんじがらめにして動けないようにして、

公明党の思いだけを達成しようとしているからです。

 

 

日本には、大学・大学院への留学生が約16万人います。

そしてその半数以上中国人です。

これらの学生らに対して、

日本政府は、

返還不要の奨学金を、

毎月14万5千円、支給しています。

(ワーオー・・・)

 

 

彼らは、日本の国立大学の学費は「免除」です。

(ワーオー・・・)

 

私立の大学の学費は、

日本政府が負担」します。

(ワーオー・・・)

 

さらに、

中国からの往復の費用も、

日本政府が、

負担します。

(ワーオー・・・)

 

 

彼ら家賃も、

日本政府が、

補助しています。

(ワーオー・・・)

 

 

 

日本の大学生はどうですか?

地方から大阪や東京に出て来ても、

(奨学金があるというが・・・)

全く支援は無いのです!!

何故、

ここまで、

違うのでしょうか?

 

 

何故、

日本政府が、

中国や韓国の学生に、

支援しなきゃいけないのでしょうか?

( 国旗に注目。日中の旗。これは正常。)

何故、

日本人が納めた税金で、

中国や韓国の大学生を学ばせて、食べさて、

日本の大学生は面倒を見てもらえないのでしょうか?

 

何故、

誰も、

これを正そうとしないのでしょうか?

 

 

それは、

公明党が、連立与党にいるからです。

(ノーネクタイで・・・・)

 

公明党は、非常に中国に近い政党です。

( 国旗に注目。中中の旗。ね? )

日本人の幸せより、

中国人と韓国人の幸せを考えています。

 

そして創価学会(幹部)の幸せを考えている。

 

尖閣の海には

中国の船が頻繁に入って来ます。

中国の漁船が日本の海に入って来て、

漁業活動をするのです。

しかし沖縄の漁船は、

尖閣の海に近づくことは出来ません。

 

海上保安庁が、

日本の船が尖閣に入らないように、

阻止しているのです。

阻止するなら、日本の船ではなく、

中国の船を阻止してくれよ!

(場内拍手)

 

なぜ日本の船を阻止するのか?

それは、

日本の国土交通大臣が「公明党」だからです。

 

公明党連立与党にいるからです

 

 

 

 

 

 

ほんの一部です・・・

続きは動画を見てみてください・・・・

 

 

 

サタン(ルシファー)を崇拝する者達のことを、

イルミナティ―、といいます。

そして、イルミナティ―は、中国語では、

「公明会」と言います。

・・・

 

主よ。

どうぞ日本を助けてください。

お願いします。

 

日本とアメリカの愛の子

ハーフ牧師より

 

 

 

 

 

 

 

追伸 ↓

 

ある自称クリスチャンが

「あなたは敵対心を煽ってる。悔い改めるべきだ。」と言ってました。

そこで、こう反論します。

 

聖書にこうあります。

 

エゼキエル書33:6

だが、見張り役(クリスチャン)が、

敵の来襲を見ながら警報を鳴らさず、

警告もしなかったなら、

人々の死の責任は、見張り役にある。

 

人々は自分の罪のために死ぬが、

その死の責任は見張り役にある。

わたしはその責任を問う。

 

 

危機が日本に、

沖縄に迫っているのに、

黙っているなんて、それは出来ない。

 

それは愛ではない。