エゼキエル戦争 ( 前編 )

私は、本を読むのは、あまり好きではない。

だけど、読んでみると、聖書は実に興味深い本だった。

聖書という本は、

二部構成になっている。

 

 

二部構成というのは、

旧約聖書と

新約聖書だ。

人類の歴史を変えた理由はここにあった。

紀元前(BC)つまりキリスト以前と、西暦(AD)キリスト以後である。

 

人類の歴史は、イエスキリストを中心に刻まれていた、、、。

ん~、学校の先生は教えてくれなかったぞ~、、、、

 

驚いたことに、

世界中が被害を受けたあの「世界同時大震災」もすべて、

この「人類歴史の予定表」である聖書には書いてあった。

実に興味深い。

昔「死海文書」という古文書を

「人類歴史のシナリオ」と表現したアニメがあったが、

「死海文書」という古文書は、聖書のことだったのだ。

 

ん~.、そうなんだぁ~。

 

聖書は確かに奇妙で、いや、非常に奇妙で、

そして驚きが「別格」の本である。

色んな映画や漫画が影響を受けるわけだ。

 

これを読むと、あの「世界同時大震災」は、

旧約聖書のエゼキエル書に書かれている預言が

実現した出来事だった、ということになるらしい。

聖書の舞台は、

中東にあるイスラエルという小さな国である。

 

四国ほどの小さな国土しかなく、

人口は800万ぐらいしかいない。

そして中東で唯一の民主主義の国でありながら、

パレスチナ問題などで、

テロや紛争の絶えない危ない国でもある。

ところがこのイスラエル、

紛争やテロが続いている地域なのに、

観光客が年々増加しているという。

中東地域でそんなことが起きているのはここだけだ。

不思議な国だ。

 

今も世界中から観光客が訪れ、

エルサレム内にある「嘆きの壁」とか、

「神殿の壁」とか呼ばれている壁のあたりで、

祈りをささげたり、写真を撮ったりしている。

イスラエルの北の方にはレバノン、

そして内戦で荒れ狂っていたシリヤという国がある。

2011年3月に始まった「アラブの春」という民主化運動以来、

シリヤには、

打倒テロ組織を名目に、

いろんな国の軍隊が入り込み、

駐留して、そして軍事基地をこさえていた。

 

イスラエルは1948年5月14日、

1900年ぶりに再建した国だ。

それ以来、幾度も他国の侵略を防いできた。

 

イスラエル政府は、

このシリヤに軍事基地や駐留軍隊を置いている国々は、

やがてイスラエルへ侵攻するためにそこにいる、

と考えていた。

だからゴラン高原という場所は、

いつも軍事的に緊張状態にある場所なのだ。

 

だからこう言うのだ。

ごらん、ゴラン高原を。

、、、、、、、。

 

 

 

聖書によると、

7年間の「患難時代」の始まる前に

携挙」という出来事があるという。

 

世界中で人間が同時に消失したあの「携挙」という出来事は、

患難時代」がもうすぐ始まる。という、

神さまからの人類への「しるし」でも、あったらしい。

でも、「携挙」という出来事の前にも

「しるし」があったのだ。

それがあの「世界同時大震災」だ。

そしてその「世界同時大震災」の前にも、「しるし」はあった。

 

それがあの戦争、旧約聖書・エゼキエル書・38~39章に預言されている戦争、

通称、「エゼキエル戦争」だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゼキエル書 38章

さらに、私に次のような主のことばがあった。

「人の子よ。 メシェクとトバルの大首長であるマゴグの地のゴグに顔を向け、

 彼に預言して、言え。

 

神である主はこう仰せられる。

メシェクとトバルの大首長であるゴグよ。

 

 

 

今、わたしはあなたに立ち向かう。

 

 

 

 

わたしはあなたを引き回し、

あなたのあごに鉤をかけ、あなたと、あなたの全軍勢を出陣させる。

それはみな武装した騎兵、大盾と盾を持ち、みな剣を取る大集団だ。

ペルシャとクシュとプテも彼らとともにおり、

みな盾とかぶとを着けている。

ゴメルと、そのすべての軍隊、北の果てのベテ・トガルマと、

そのすべての軍隊、それに多くの国々の民があなたとともにいる。

備えをせよ。あなたも、あなたのところに集められた全集団も備えをせよ。

あなたは彼らを監督せよ。

 

多くの日が過ぎて、あなたは命令を受けて、一つの国に侵入する。

その国は剣の災害から立ち直り、その民は多くの国々の民の中から集められ、

久しく廃墟であったイスラエルの山々に住んでいる。

 

その民は国々の民の中から連れ出され、彼らはみな安心して住んでいる。

あなたは嵐のように攻め上り、

あなたと、あなたの全部隊、それに、あなたにつく多くの国々の民は、

 地をおおう雲のようになる。

 

 

 

 

 

エゼキエル戦争 ( 前編 )

続く